実際に体験した悪徳リフォーム業者体験談


 フレッシュハウス中野鷺宮ショールーム

以前、保険事故による洗面台の破損で、加入していた火災保険系列のフレッシュハウスを利用しました。その時の担当者の対応が良かったので、今年に入り、自宅の一部屋のリフォームの見積を取る為に【中野鷺宮ショールーム】に行きました。その時、店長さんが対応をしてくれたのですが、こちらがリフォーム代を節約するのと、家づくりに参加したい目的で、「自分たちで出来る部分については自分たちで施工をしたい。」と伝えた所、「素人では無理だし、手伝わない方が良い。」と言われ、その言葉に気分が悪くなったところへ、「鍵だけ預けてくれれば、自宅にいなくても全部こちらでやりますので。」との説明を受け、客の要望に応えないどころか、留守中に施工しますとの言い草に「家づくりに参加したい」とのこちらの思いを完全に無視した対応に不信感を抱いてしまいました。

ちょうどこの時、仕事の関係で警察から「暴追法」と「犯罪者・暴力団の更生」についての話を聞いていて、その時の警察の話によると、刑務所から出てきた犯罪者や元暴力団が就職する先は建築業界が多いと聞いており、暴力団のフロント企業にも建築業界が多いと聞いておりました。建築業界は実態の見えない下請けの下請けとかの施工が横行していて、実際に仕上がったものが、どこの業者の誰の手で出来たものかわかりません。そのような身分が良く分からない人が留守中に自宅の施工をしていたとしたら、どうでしょうか?何か物が無くなったりとか当然ありますよね。この時の店長の口ぶりから、そのようなことが実態としてあるように思えて仕方ありませんでした。ちょっと考えても怖い話です。

その後、自宅に見積を取る為に担当者に来て頂いたのですが、その時に『暴力団等反社会的勢力でないことの表明・確約書』の署名・捺印を求めた所、「書けません…」と言って逃げるように帰って行きました。『暴力団等反社会的勢力でないことの表明・確約書』の署名・捺印が出来る施工会社も多くありますので、『暴力団等反社会的勢力でないことの表明・確約書』の署名・捺印ができない会社とは取引はしない方が良いと思います。警察がそのように言っていました。